So-net無料ブログ作成

うつを首から治す。 [金本博明の自律神経失調症パニック障害うつ克服法]

厚生労働省のデータによると日本で20代から30代までの死因では自殺が1位となっています。
また、40代の死因でもガンに続いて2位です。

http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suii09/deth8.html


 これは日本は世界的に見て治安も良く医療環境も良いため、若い人が事件や病気で亡くなることが比較的少ない為と見ることも出来そうですが、内閣府による自殺対策白書を見ると、やはり日本の若者の自殺率は他国より多くなっており、先進8カ国中ではロシアについで2位となっています。

http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/whitepaper/w-2012/pdf/honbun/pdf/p33-35.pdf



 すべての国を見ますと自殺率が高いのは政情不安定な国や、極端に貧しい国などが多いですが、日本のようにこれだけ豊かで平和な国で自殺が多いというのは、性格的なものもあるでしょうが、社会環境によるものも多いのかもしれません。

 自殺の原因としてはうつ病が4割で最も多くなっています。そして日本では8人に一人はうつ病とも言われます。
この辺りの統計はいろいろな説があるのですが、うつで悩む方が少なくないのは間違いなさそうです。


 アメリカにも鬱は多いのですが、アメリカ人は合理的なこともあり、すぐに薬を服用したりカウンセリングなどに行きます。


日本人は性格的にも病院にも行かず我慢してしまう方も多く、更に未だに「うつは甘え」のような考え方をする方も一部ではあるようで鬱の改善が遅れてしまうということもあるようです。

 うつには症状や原因があり、人によって様々です。


病院で処方された薬で改善する方も多いですが、長い間通院しても中々改善されず、却って薬の副作用で状況を悪化させてしまう方もいらっしゃるようです。


 そのような中で、近年注目されているのが首の歪みを治してうつを改善する方法です。


この基本原理は金本博明氏の自律神経失調症・パニック障害克服プログラムと同じで、首を治すことにより自律神経のリズムを整え、今まで心因的なものとされてきた精神疾患や不定愁訴などを、肉体的なアプローチで改善します。

そして、同じようにこの方法でうつも劇的に改善出来るのです。

 
 うつ病に関しては「金本博明2ヶ月間うつ病改善プログラム」として特化して制作されており、これにより多くの実践者が長い間患っていた鬱病を克服しています。

薬やカウンセリングなどの心理療法をうけても改善に至らないという鬱病を患っていらっしゃる方には、是非首からうつを治す、金本式を実践して頂きたいと思います。




nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。