So-net無料ブログ作成
検索選択
金本博明の自律神経失調症パニック障害克服プログラ ブログトップ
前の10件 | -

金本博明の自律神経失調症・パニック障害克服プログラム  [金本博明の自律神経失調症パニック障害克服プログラ]

95%の方が30日以内に改善効果を実感したうつ、パニック障害、自律神経失調症を改善する方法

自律神経失調症・パニック障害克服プログラムの開発者 金本博明先生は鍼灸と柔整の資格を持ち、磯谷療法、カイロプラクティック、ガンステードテクニック、ビアーズテクニックを学び大阪で「かねもと鍼灸整骨院」を経営するカリスマ整骨師です。


金本先生自身が自律神経失調症、パニック障害を、首の歪みを改善する事によって完全に克服した経験から、これらの症状で悩む方々がご自身で改善できるようこのプログラムを制作しました。


首を正しく治す事でうつ、パニック障害、自律神経失調症を改善するこの方法は医学的にも実証されており、アメリカでは以前から効果があると言われている治療法で、金本先生はこの方法をご自身の病気や患者さんに対して7年間実践、検証し続けて完成させたものです。
kanemoto1.jpg写真:取材に訪れた俳優の萩原流行さんと金本博明先生


実際に今まで2000人以上のうつ、パニック障害、自律神経失調症で悩む方達が30日以内に改善したという結果が出ています。


「プログラムを実践して2週間程で不調が解消しました」(東京都 平野様)
「発作も起きず一人で仕事にいけるようになりました」(兵庫県 中西恵里子様)
「1ヶ月後にはつらい症状が無くなりました」(大阪府 大石達男様)


では、なぜ首を改善するとうつやパニック障害、自律神経失調症などが治るのでしょうか?


まず、自律神経失調症の原因は精神的ストレスや普段の姿勢、顎関節の歪みや外傷、眼精疲労、呼吸などによって首の筋肉が緊張し、首の中を通っている多くの神経が圧迫される事により交感神経が刺激されて自律神経のバランスが崩れてしまうことから起こってしまいます。


また、脳への血流も悪くなり、脳内の神経伝達物質の働きが低下し鬱病になってしまうのです。


金本博明の自律神経失調症・パニック障害克服プログラムでは首を改善する事によってうつや自律神経失調症、パニック障害の症状を改善します。


この方法は30分後には心も体も軽くなる即効性があり、実践された95%の方が30日以内に改善効果を実感した方法です。


実践の方法は1日30分程プログラムに同封されている美骨枕を使い、DVDの映像を見ながら真似するだけの簡単な方法です。


これだけで30日以内には大抵の場合うつ、パニック障害、自律神経失調症を改善されるでしょう。
しかしどんな治療にも効果に個人差があるのも事実です。


もし30日金本博明の自律神経失調症・パニック障害克服プログラムを実践したにもかかわらず万一効果が感じられなかったという場合には、このプログラムの代金は全額返金されますので安心して実践していただけます!


→自律神経失調症・パニック障害克服プログラムのお申し込みと詳しい説明はこちら!



nice!(2) 

どんな人が自律神経失調症になりやすい? [金本博明の自律神経失調症パニック障害克服プログラ]

自律神経失調になりやすい人のタイプはあるのでしょうか?


性格的には 几帳面であったりとか、責任感が強い、完ぺき主義者、真面目な方がなりやすいようです。
これらの特徴は日本人に多く、勤勉で真面目なのは社会的にはよい面でもあるのですが、その一方でその責任感から常に緊張していることが多く、リラックスが上手くできない性格とも言え、このタイプの方は一日のうちで交感神経が常に優位になっているため不眠症であったり、筋肉が硬直して肩こりや首コリになりやすかったり、多汗症になってしまう方もいます。


また、自律神経失調症の大きな原因に首の歪があることは、このブログの記事でも何度も取り上げましたが、
痩せていて筋肉の少ない人(女性に多い)運動をあまりしない人などは肩や首に、体の全体重の1割を占めるといわれる重い頭をささえるだけの十分な筋肉がありませんので首の歪みを起こしやすいと言えます。


  軽くても定期的な運動やストレッチ、エクササイズを心がけ、首や肩の筋肉をつけたり血行を促すような習慣が出来れば好ましいでしょう。


また、出来るだけ下を向くような姿勢を避けることも大切です。現代の日本人の生活を見てみますと通勤の電車で寝ているとき、デスクワークであればパソコンなどの作業をしている時、スマートフォンを見ている時、髪を洗っている時など、一日のうち下を向いている時間の割合がとても多くなっています。

 首の骨というのは背中の上から頭にかけて自然に後ろの方にカーブしていることで首を支えるバランスを保っていますが、下を向く姿勢が多くなりますと、首が前に曲がりこの骨の湾曲がまっすぐになってしまういわゆる「ストレートネック」の原因になります。

 このように生活習慣により首が歪んでしまいますと首の中を通っている重要な数々の神経が圧迫、刺激され、自律神経の働きが狂ってしまって自律神経失調症など不定愁訴の原因になってしまいます。

 既にこのような状態になってしまって自律神経失調症やうつ、パニック障害等の兆候が現れていましたら首の骨を正常な位置に戻す治療をする必要があります。

 治療には牽引や筋弛緩薬という方法がありますが、これらは間違えると症状を悪化させてしまう危険性もありますのでこれらを行う場合は医師とも相談し、慎重に選択する必要があるでしょう。

首の歪を治して自律神経失調症の症状を改善するにあたっては、金本博明 自律神経失調症・パニック障害克服プログラムのような自宅でお金をかけずに出来て、リスクの少ない方法から始めてみるのがよいでしょう。


nice!(0) 

やはり自律神経失調症薬の処方は慎重に [金本博明の自律神経失調症パニック障害克服プログラ]


最近、良く耳にするのが、自律神経失調症の症状で通院してるにも関わらず、処方された薬を飲み続けても一向に改善されず悩みを持ち続けていて何か良い治療法がないかと探しています、という声です。

  
 自律神経失調症は、身体の器官に特に以上がないにも拘らず、頭痛、腹痛、めまい、吐き気、発熱、多汗等多くの症状を抱えるようになり長い間悩みを抱えていく方がたくさんおられます。

 
  そのため、原因不明と診断され、気のまよいでしょう等と言われ、ストレスが原因ではないかと疑われる事が一般的に多いようです。

  
 抗不安薬や、自律神経調整剤等が処方されているようですが、原因が不明の中での 処方ですから、とても完治にはいたりませんし、飲まないと不安になり常用していく結果を招いていきます。薬には副作用が多くあるので、他の症状を併発していく危険性もあり、この事に警鐘を鳴らしている医師も数多くみられています。

 
  確かに、精神的な原因な場合克服していくのには、大変長い期間をようするようです。

 
 女優の名取裕子さんも、自律神経失調症の症状で悩まされ、長い年月をかけて克服したそうですが、名取さんの場合は、父親の死による精神的ショックとのことでしたから原因は比較的ハッキリしており、精神面での治療が主体になったことと推察しております。

  
 単に日常生活におけるストレスが原因としたら、心身面の十分な休養を取って、好きな趣味等を行ってリフレッシュを図るというような事でも、改善される事があります。

  それでも症状の改善が見られないとしたら、他にハッキリとした原因が存在する筈です。

  自律神経失調症は、自律神経に何らかの圧力が加わることにより、正副の交感神経のバランスが
 崩れて発症していきます。

  ストレスも自律神経のバランスを崩す要因とはなりますが、強力な原因として「首の故障」による
 圧迫があり、最近この原因が重要視されての治療がさかんに行われています。

  「金本博明の自律神経失調症パニック障害うつ克服法」は、

  首を正しく治すことにより自律神経失調症を改善していく治療法です。

 開発者の金本さん自身が、長い間自律神経失調症で苦しみ、開発に開発を重ねた結果
 ご自身の病状を完治された治療法で、既に3000人以上の方が完治された実績も残されており
 十分に信頼の出来る治療法としてお勧めできます。

 薬は一切使いませんので、薬依存からの脱却にもなります。

 誰にでも簡単に、自宅で出来る治療法ですし、全額返還保障付ですから金銭的リスクもなく安心して
取り組むことが出来ます。

 改善された方のレポートを見ると一様に、もっと早く取り組めばよかったとあります。

 一日でも早く積極的に取り組んでみてはいかがでしょう。















  
トラックバック(0) 

自律神経失調症と薬-プロマゼパム [金本博明の自律神経失調症パニック障害克服プログラ]

 自律神経失調症でよく処方される薬にプロマゼパムというものがあります。


日本ではレキソタンの名前で中外製薬から販売されていまして、神経症、うつ、不安や緊張、睡眠障害などに適用され、筋肉の緊張をほぐす作用があるので頭痛や肩凝りなどにも効果があります。


 副作用も比較的少ないと言われますが、倦怠感・頭痛・集中力低下・ふらつき・脱力感などが出る可能性があります。


服用した時には車の運転などは避けましょう。


 レキソタンは作用は比較的穏やかですが、ベンゾジアゼピン系の緩和精神安定剤(マイナートランキライザー)の中では、強力で、うつや、不安症、自律神経失調症やパニック障害などの症状を抑えるのに使われます。


 実際にレキソタンが効いて、服用している時にはうつなどの症状が緩和された方は多いようです。

他にデパスという薬もありまして、こちらもレキソタンと同じような効用が期待出来ます。


 しかし、うつや自律神経失調症、パニック障害の原因が首の歪からきている事も多く、その場合はこれらの薬は効果が見られない事もあり、ひどい時には薬の服用により自律神経を乱して症状を悪化させる恐れもあります。


 首が原因の自律神経失調症やうつの場合は、やはり首の歪みを治すことで改善できます。


 金本博明 自律神経失調症・パニック障害克服プログラムは自宅で自分自身で首の歪みを直し、自律神経失調症やパニック障害を改善できるプログラムで、薬の服用などで改善できない自律神経失調症やうつなどの改善が期待出来ます。

 通院の時間や費用をかけず行えるので、経済的、心理的負担なく、又、副作用もありませんので安全に自律神経失調症の改善をしていく事が出来るのでおすすめです。





nice!(0) 

金本先生のプログラムには返金保障がついています。 [金本博明の自律神経失調症パニック障害克服プログラ]

金本博明の自律神経失調症パニック障害克服プログラムには全額返還保障がついています。


このような保障をつけている理由の1つは、まずその効果に絶対の自信があるという裏付けです。

実際にこのプログラムを実践したほとんどの方が自律神経失調症を改善されています。

 
 そしてもうひとつの理由は、購入していただいたお客様に金銭的リスクを負担させないためです。


 このようなプログラムでは購入してみたものの効果が実感出来ず、余分な出費が嵩んだだけという結果で、次から別の商品を購入するにも躊躇せざるを得ないという経験をお持ちの方も多いでしょう。

 特に身体の変調を感じ通院してもなかなか改善されず多種の改善法を試してみても、効果が出ずに出費がかさんでしまうという方も多いと伺っています。


 また、治療院や病院などはそこで診てもらった結果全く治らなかったり、効果が実感できなくても、基本的に治療費は帰って来ません。


 全額返還保障が付いた金本博明の自律神経失調症パニック障害克服プログラムは、改善されなければお金は戻ってくるのですから経済的なリスク無しで実践してみるということができるのです。


 自律神経失調症は、自律神経の正副交感神経のバランスがくずれて様々な症状を引き起こしますが、原因が特定出来ずに長い間苦しんでいらっしゃる方が沢山いらっしゃるとのことです。

 
その原因の一つとして「首の歪み」があることは、まだ余り知られていないそうです。


しかし、自律神経失調症の高確率の原因としてこの「首の歪み」が実証されています。


 この首の歪みを治すことにより自律神経失調症の症状を改善していく治療法が 「金本博明の自律神経失調症パニック障害克服プログラム」です。


 改善の効果があれば、今までの苦しみから解放されますし、改善されなければ原因は他にあるのですから、原因究明の一つの方法にもなります。

 
 返還によって金銭的リスクは無いのですから躊躇なく取り組めるものと思います。
自律神経失調症やパニック障害にお悩みの方は是非試されてみては如何でしょうか。












nice!(0)  トラックバック(0) 

自律神経失調症と目の病気 [金本博明の自律神経失調症パニック障害克服プログラ]

自律神経失調症によって引き起こされるものには目の病気もあります。

例えば、多くの方が悩んでいるドライアイ。

私もドライアイの原因は、目の病気だとばかり思っていました。

 目の乾きや疲れがあると、眼科で診察を受けますよね。 ほとんどの方が、「パソコンの使いすぎで、目が疲れているせいです」 等と診断され、目薬を処方されます。
  

ところがこのドライアイ、このような方法で完治した人は稀だそうなのです。

  しつこいドライアイに悩まされている人は、一説によれば800万人も いて年々増加の傾向にあるそうですが、実はドライアイは目だけが原因ではないそうなのです。


ドライアイの主な原因には自律神経の乱れがあるのです。

  自律神経は、交感神経と副交感神経とに分かれています。

  ドライアイの患者さんは、副交感神経が失調状態にあるので、涙腺を刺激して涙を流す機能がキチンと働いていないため症状を起こしてるのです。
  

そして、この自律神経の異常原因は、首の筋肉の疲労からくるコリが 大半を占めていると指摘されており、この首のコリを治せば、自律神経が復調して、たちまち緩和されていく事が実証されています。


 このようなドライアイの原因にもなってしまう自律神経失調症を首を治すことで改善する  「金本博明の自律神経失調症パニック障害克服プログラム」では早い方で数日,遅い方でも2,3週間で改善の効果が実証されています。

  既に2000人以上の方の改善実例が報告されており、  薬や身体に害のあるものは一切使わないので安心して利用出来ます。

  













nice!(0)  トラックバック(0) 

首こりと姿勢 [金本博明の自律神経失調症パニック障害克服プログラ]

東京脳神経センター理事長の松井孝嘉博士は自律神経失調症の原因の多くは首のこりであり、更に世の中の人の10人中9人は首に何かしらの異常があると言っています。

 実に9割に人たちの首に何かしらの異常があるというのは驚きですが、どうやらそれは現代人の生活習慣によるものらしいです。

私たちの普段の生活を意識してみると、一日のうちにうつむいたような姿勢である時間がとても長い事に気がつくでしょう。


パソコンや、事務的な作業、スマートフォン携帯などを見ている時間、電車で座っている間うつらうつらとしている時など、あらゆる場面でやや下を向いたままの姿勢を長時間無意識に続けています。

 この姿勢のままでいますと約6kgという重さの頭部を首の後ろの筋肉がひたすら必死に支えている状態になり、首がこってしまったり歪んでしまったりして首の筋肉が異常事態になってしまうのも無理はありません。

 首の筋肉が凝って硬くなりますとその中を通っている神経が圧迫され自律神経の乱れを引き起こしてしまうのです。

これを避けるためにも、普段からうつむいたままの同じ姿勢を続けてしまったときは30分おきに休息して首を休めることが大事なのです。


 首にはこれら多数の神経の他にも脳に通じる欠陥が通っており、首のこりにより脳への血流が阻害され、めまいや、うつ、無気力になるなど様々な障害を引き起こす恐れがあります。

 
首の筋肉は腕や脚などより疲労を感じづらいこともあり、生活の中で長時間負担をかけて無理を強いてしまうことが多いのです。

ですから、意識して首の筋肉を定期的に休ませてあげましょう。

 また、既に慢性的な首凝りにより、自律神経失調症などを引き起こしてしまった方は早急に首を治療する必要があります。

しかし、首は神経が多く通っておりとてもデリケートとな部分ですので下手に揉んだり押したり引っ張ったりすることは却って状況を悪化させてしまう恐れさえあります。

 専門の病院に通ったり、症状が重度の場合は入院するなどが必要ですが、自分で症状を改善する場合には自己流で首を揉んだり押したりするのは危険です。

 忙しくてなかなか病院に通う時間も取れず、自宅で改善したいという場合は、映像とテキストで説明してくれる金本博明の自律神経失調症パニック障害改善プログラムを使うことによって正しい首の治療が自宅でも行えます。


nice!(0) 

自立神経失調症と不眠症 [金本博明の自律神経失調症パニック障害克服プログラ]


  不眠症とは、なかなか寝付けない、寝ても直ぐに眼が覚める等 常時睡眠時間が短く、日中の活動に障害をもたらしたり、苦痛であったりする状況が1ヵ月以上続く症状で、日本では、不眠の出現率が全人口の20%だそうです。ストレス社会の一現象と言えるかもしれません。

  
私自身も、過去に眠ろうと思ってもなかなか寝付けず、いつの間にか色々な事を考えていて、気がついたら明け方近くになっていた、という経験が何度もあり、時々睡眠薬を服用していたこともありました。

  しかし、睡眠薬の服用については常用の危険性がよく言われます。

  
 一例としては、睡眠時間を過剰に多くすると,死のリスクがどんどん高まるという結果が出るという、カリフォルニア大学のダニエル,クリプケ氏の研究発表がありました。

 この研究結果を要約すると、睡眠薬を服用して無理やり睡眠を摂ると、神経活動を低下させ眠るのと同じ状態を作り出しているので、色々な副作用をもたらし、神経に重大な負担がかかるため寿命が短くなり、死のリスクが高まる結果を生むということで、常用は極力避けるべきとの結論のようです。

 
 不眠症の原因は大別して10もあり、原因が特定できず、適切な治療法を受けられずに苦しんでおられる方も、数多くいるのが現状ですが、不眠症の原因として自律神経が大きく関わっています。

 人間は起きて活動している時には交感神経が優位になり、リラックスした時や眠るときには副交感神経が優位になります。そしてこの2つの自律神経のリズムによって体が活動期と休息期を切り替えますが、
このリズムが乱れますと、夜眠らなければならない時に交感神経が優位になってしまい、寝付けなくなってしまうのです。

 自律神経失調症はこの自律神経のリズムが狂ってしまう状態で、不眠やだるさなど様々な生活上の障害をもたらします。

  また、近年自律神経失調症もの原因として、「首の歪み」が注目されています。「金本博明の自律神経失調症パニック障害克服プログラム」ではこの首が原因である自立神経失調症を自分自身で改善する事が出来るプログラムです。

 今までに多くの方がこのプログラムで自律神経失調症を改善しています。

 自律神経の乱れによる不眠などでお悩みの方は、一度お試しになってみてはいかがでしょうか。

 

nice!(0) 

首の歪みと頭痛 [金本博明の自律神経失調症パニック障害克服プログラ]


頭痛の原因は余りにも多く、特定できずに長い間苦痛を強いられている方が たくさんおられるそうです。

  日本では、外来初診患者のおよそ10%の方が、頭痛を訴えているそうで、世界中では40%以上の方が経験しているとのことです。

  
また、男性よりも女性の方が発症率が高いというデーターもあります。

  頭痛がすると、色々な不安に駆られますますよね。

  
 私も、以前に友人がクモ膜下内出血で倒れ、幸い命に別状は 無かったのですが、見舞いに行った際に「頭痛が2,3日続いたら急に倒れた」という話を聞いてましたので、それ以来「もしかしたら」と考えるようになり
、直ぐに脳内の異常に疑いを持つようになりました。

  実は、先日の事。

  急に左の片頭痛がして3日程症状が続きました、虫歯で歯医者に通っていた時期だったので、虫歯の影響か訊ねてみたところ「違います」と言われたので不安になり、総合病院の内科で診察を受けました。脳のCTスキャンを撮ってもらったのですが特に異常はありませんでした。

  その際、担当医から「首」が原因ではないかと思うので整形外科で診察を受けるようにと勧められ,とりあえずロキソニンハップ薬を10日分出してもらい、治らなければ整形に、と思って1週間程貼り続けたら頭痛はスッカリ治まりました。

  多分、私の場合は「首のこり」が原因だったのだと思います。
  

しかし、ただの首のこりだけで10日近く頭痛が続いたのですから  「首の歪み」のような首の変調が原因だったらもっと深刻な悩みを抱えることになっていたでしょう。

  首は人体の急所と言われていますから、首が歪むと自律神経に乱調が起こり、頭痛の原因となります。所謂自律神経失調状態です。

  貴方の頭痛が、薬の服用でも一時的に治るだけで、継続性があるとしたら「首の歪み」を疑ってみてください。

 
   「金本博明の自律神経失調症パニック障害克服プログラム」は首を正しく治すことで短期間で改善することだ出来ます。

  早い方では数日で、遅い方でも2,3週間で改善の効果が実証されています。

  
頭痛でお悩みの貴方、一日でも早く改善され、今の苦痛から開放されてください。






















nice!(0) 

日本人の性格とうつ病との関連 [金本博明の自律神経失調症パニック障害克服プログラ]

 「うつ病」というと、几帳面で責任感が強く、他人に対して気遣いをする真面目な人がかかりやすいと言うイメージがあるようです。
  
  日本人は他の国の人と比べると、一般的に几帳面で他者配慮性が高いと言われますから、うつ病を患っている人の数も日本は他国と比べると多いと考えられそうです。しかし、実際の統計ではうつ病患者の数は日本より欧米の方がはるかに多いというデータが出ているのです。

 
  勿論、医者にうつ病と診断されたというデータだけで、一概にうつ病を患っている方の全体の数を判断することは出来ないかもしれません。

 特に、欧米人は精神論を重んじる日本人よりも合理的な傾向があり、普段の生活の中で多少気分が優れないような場合でも、医者に薬を処方してもらったりカウンセリングを受けたりすることが日本より一般的な事であったりもするので、そういった背景からも日本よりうつ病と診断されるデータの数は結果的に多くなるかもしれません。しかしそれらを考慮しても日本人が他国よりうつ病にかかりやすい性質だと言うには疑問が残ります。

 
 まず、日本人が几帳面で責任感が強いので鬱にもなりやすいのでは?という考えですが、うつ病患者の病前性格について、米国の精神医学の教科書である「カプラン臨床精神医学テキスト」では、「うつ病の病前性格を一つに限ることは難しい。強いて言えば、 依存や強迫、ヒステリー傾向がある人は、犯罪傾向のある人や妄想的になる人よりも、うつ病になりやすい」と記述されており、うつ病と几帳面や他者配慮性などの関係にはまったく触れておらず、これを見る限りでは日本人の几帳面な性格が必ずしもうつ病の大きな原因になっているとは言えなさそうです。


  また、日本人の性格が他の国の人に比べて几帳面で他者配慮性が高いという事も、精密機械の技術や、仕事の真面目さ、交通機関の時間の正確さ、礼儀正しさなどには確かにそういった面が多く見受けられますが、その一方で日本人には非常に享楽的な部分もあるのではないでしょうか。

 
 例えば日本には、 競馬、競輪、ボート、オートレースといった公営ギャンブルが非常に多く、何よりも驚く数字は、パチンコ産業の年間売り上げは20兆円を越すそうで、全米のカジノ年間売り上げが3兆円とのことですから、その巨大さには改めて驚かされます。

  また、ゴルフ、相撲、野球、サッカー等のプロスポーツも盛んですしアニメやゲーム、カラオケ、漫画はお家芸です。

  日本人は一見真面目なのだが。実は遊びも好きな享楽的な国民とも言えるかも知れません。

  
 そういう観点から見ると日本人の真面目な性格がうつ病になりやすいという考えにはあまり根拠がないように思えますが、性格や国民性と鬱の関係などはまだまだわからないことも多く、内的(精神的な)要因による
鬱の治療はそのタイプによってはなかなか見分けづらいものとなっているようです。

  

 
  他方、うつ病には外的要因によるものがあります。 これも様々な原因がありますが、医学的にハッキリ実証されている症例の1つとして「首の歪み」があります。首の歪みにより自律神経の乱れが生じ、頭痛、めまい。吐き気、不眠症等の症状が起こり、そのような症状が長く続くことによる、憂鬱な状態に常におかれ悩んでいる方も多くみられるそうです。

  これは、根本原因がはっきりしている訳ですから、適切な治療法を受ければ改善される可能性があり、貴方のうつ状態が「首の歪み」にあるとしたら、最適な治療法があります。

 それが、「金本博明の自律神経失調症パニック障害克服プログラム」です。

  首を正しく治すことにより確実に改善していくプログラムです。

  今まで、2000人以上の方が30日以内に改善の実感を得たという実例データーが出ています。

  しかも、30日以内に改善の実感が無い場合は全額返金保障付ですので金銭的リスクもなく
 取り組んで頂けます。

  是非、お勧めしたい治療法だと思っています。
nice!(0) 
前の10件 | - 金本博明の自律神経失調症パニック障害克服プログラ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。