So-net無料ブログ作成
検索選択

自律神経失調症と薬-プロマゼパム [金本博明の自律神経失調症パニック障害克服プログラ]

 自律神経失調症でよく処方される薬にプロマゼパムというものがあります。


日本ではレキソタンの名前で中外製薬から販売されていまして、神経症、うつ、不安や緊張、睡眠障害などに適用され、筋肉の緊張をほぐす作用があるので頭痛や肩凝りなどにも効果があります。


 副作用も比較的少ないと言われますが、倦怠感・頭痛・集中力低下・ふらつき・脱力感などが出る可能性があります。


服用した時には車の運転などは避けましょう。


 レキソタンは作用は比較的穏やかですが、ベンゾジアゼピン系の緩和精神安定剤(マイナートランキライザー)の中では、強力で、うつや、不安症、自律神経失調症やパニック障害などの症状を抑えるのに使われます。


 実際にレキソタンが効いて、服用している時にはうつなどの症状が緩和された方は多いようです。

他にデパスという薬もありまして、こちらもレキソタンと同じような効用が期待出来ます。


 しかし、うつや自律神経失調症、パニック障害の原因が首の歪からきている事も多く、その場合はこれらの薬は効果が見られない事もあり、ひどい時には薬の服用により自律神経を乱して症状を悪化させる恐れもあります。


 首が原因の自律神経失調症やうつの場合は、やはり首の歪みを治すことで改善できます。


 金本博明 自律神経失調症・パニック障害克服プログラムは自宅で自分自身で首の歪みを直し、自律神経失調症やパニック障害を改善できるプログラムで、薬の服用などで改善できない自律神経失調症やうつなどの改善が期待出来ます。

 通院の時間や費用をかけず行えるので、経済的、心理的負担なく、又、副作用もありませんので安全に自律神経失調症の改善をしていく事が出来るのでおすすめです。





nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。