So-net無料ブログ作成
検索選択

自律神経失調症とストレス。 [金本博明の自律神経失調症パニック障害うつ克服法]

  自律神経失調症の精神的要因の大きな原因として、 過度のストレスが自律神経を圧迫して、交感神経と副交感神経のバランスを崩すことにより、症状を引き起こしていくとされています。

  現代社会においては、職場や学校等において、対人関係等により多くのストレスを抱えてしまうことが多々見られています。
  

 しかし、一方では、ストレスを発散出来ることもたくさんありスポーツ観戦、映画鑑賞、ライブコンサート等に積極的に参加してストレスの解消に繋げているようです。

 

  それにくらべ、消極的な方は、そういった場所へいく事をためらって、ひきこもり気味になり、どんどんストレスを内に溜めてしまいがちです。

  私の個人的なストレス解消法は、毎日帰宅してからシャワーを浴びている時に、大声で 叫ぶことです。

 そうすると、すっきりして私自身は過度なストレスをためるようなことはほとんどありません。
大声を出す事により、呼吸での酸素量が増えて体が活性化し、精神が安定します。

家で大声を出せないという方は、カラオケがおすすめです。

最近では「ヒトカラ」と言われる、一人でカラオケに行くことがちょっとしたブームにもなりましたね。

腹式呼吸で大きな声で歌うことはストレス解消にとても効果的です。


また、気軽に出来てストレス解消にはとても効果があるのが瞑想です。

一日5分からでも始めますと脳の灰白質が増えて集中力や判断力が増すという研究結果が出ています。

また、呼吸を意識してゆっくり(1分間に4-6回程度)にしてみるのも効果的です。

自律神経が落ち着き、心拍変動を調整することが出来ます。

  このように、日常でも、特に意識せずにストレス解消が出来ることがことが身近にあると思いますので
最初は少しの時間でも意識してやってみてください。

  自律神経失調症の原因は、心的要因と外的要因があります。

 外的要因は根本原因を掴んで治療していかなければ、いつまでも改善されません。

 外的原因として注目されているのが「首の故障」です。

 首には自律神経が集中しているので、ここに外圧が加わることにより交感神経と
 副交感神経のバランスを崩し症状を呈していきます。

  この首を正しく治すことにより自律神経失調症を改善していく治療法が

 「金本博明の自律神経失調症パニック障害克服プログラム」です。

 自宅で簡単に治療でき、短期間で改善の実感を得ることが出来ます。

 自律神経失調症の症状で悩み、苦しんでおられるのならば、全額返金保障付と金銭的リスクもありませんので、取り組んでみてはいかがでしょう。








  
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。