So-net無料ブログ作成
検索選択

自律神経失調症の原因は意外な所に [金本博明の自律神経失調症・パニック障害克服プログ]

自律神経失調症の原因は、常識的には思いもよらぬ「首の故障」に潜在しています。

この原因を追究し、研究開発された、首を正しく治すことによる治療法が、「金本博明の自律神経失調症パニック障害克服プログラム」です。 

  世の中には、思いも寄らぬ事が起こって、栄冠を勝ち得たり、悲惨な目に会う事がよくあります。

   古い話では、源平の合戦における、義経のひよどり越え、桶狭間の戦いにおける織田信長の急襲、襲われた平家と今川義元は、何れも、そこからは攻めてこないだろうと、思いもよらぬ所からの急襲により悲惨な結果を招いてしまい、常識を覆す作戦を取った義経と信長は大勝利を収めたという史実や、競馬で、思いもよらぬ馬が勝ってしまい大穴になってしまって大損をした方もいれば、一方では常識を覆して予想し、見事に的中、大金をせしめた方もおられます。
   

   これらのことは、あまり常識的に凝り固まった考え方や物の見方をしていると、大事なものを見過ごしてしまったり、思わぬ落とし穴に嵌ってしまう顕著な出来事だと思います。

   常日頃から、注意深い観察力を養って、常に柔軟な思考を持ち続けていれば、大事な節目の時に、判断を誤らずに勝利を勝ち得るでしょう。

  自律神経失調症の症状を発症しますと、ほとんどの方が、心療内科や精神科で診察を受けてるようですが、薬による治療が中心となり、長い間のみ続けていても一向に改善されないケースが多く見受けられています。

  このような状態が続くと、段々憂鬱な日々の暮らしになっていき、症状の緩和のために抗うつ剤が処方され、副作用としての、常に服用してないと不安だという禁断症状を招いてしまい、多量の常用という状態に陥って、自殺に追い込まれる方も増えてきているとのことです。

   こうなってしまっては、人生の敗北者の仲間入りをしてしまいます。

   医師も人間ですから、完全ではありません。多くの判断ミスや診療ミスを犯します。

  医師の診断を鵜呑みにせず、改善の兆しがないようでしたら、いち早く別の原因を探そうという、柔軟な思考を持ち合わせることが大事になってくるのではないでしょうか。原因を探り当て、適切な治療法をみつければ、痛みや苦しみの生活から開放され、勝者の道を歩むことが出来るようになっていくでしょう。

  
 首の故障は、自律神経失調症の、めまいや頭痛などの症状は多少当てはまるかなとお考えになるかもしれませんが、下痢、腹痛、便秘、動悸などでは到底思いつかないのではないでしょうか。

  「原因は首にあった」などと言われても、半信半疑になってしまう方も多いと思います。


   しかし、首には自律神経が集中しているので、この部分に何らかの障害が発生すると自律神経の交感神経と副交感神経のバランスが崩れて症状を引き起こしていくことが解ってきました。アメリカでは早くからこの原因に着目しての治療が行われています。


   金本先生は、ご自身が7年の長きに渡り、自律神経失調症の病状と戦い、ものの見事に
  完治されたそうです。

   その体験に基づき研究開発された、「首を正しく治す」ことによる治療法が

     「金本博明の自律神経失調症パニック障害克服プログラム」です。
  
   薬等の身体に害のあるものは一切使わず、短期間で誰でも出来る簡単なプログラム
  で、全額返還保障付ですから、身体的にも、金銭的にもリスクの無い治療法です。

   思いもよらぬ原因を探り当てたことによって、人生の勝者の仲間入りになられる事を
  願っております。





















 
nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。