So-net無料ブログ作成

自律神経失調症による不眠、倦怠感など [金本博明の自律神経失調症パニック障害うつ克服法]

寝付かれない、眠りが浅い、一日中身体がだるいなどの症状で悩んでいませんか?


このような症状は、大半が自律神経の失調による 原因であることが多いのです。


   翌日に大事な会議や試合があると、そのことが気になって、なかなか寝付けない、 眠っても直ぐに目が覚めてしまう。そのような経験はどなたでもお持ちでしょう。

  
 大半の方は、翌日は疲れてグッスリと寝ることが出来ますが、次の日もまた翌日も同じような状態が続いてしまい、倦怠感が付きまとってしまう。このような方は、自律神経失調症の疑いが強いと思います。

   
 倦怠感が長く続いていくと,うつの状態に陥ってしまいますので、その前に原因を突き止めて治療していかねばなりません。


 このような症状について医療相談コーナーなどでは、

   寝る前にホットミルクを飲んで、体を温めて床について下さい。
   
   日中、軽い散歩をしてみて下さい。

   それで駄目なら心療内科を受診されたらどうですかとアドバイスをされています。

   
 心療内科では、不眠症は「心因性」のものという考え方が中心になっているようで、精神安定剤等の薬による治療を行っていますが、薬を飲まないと寝付けないという薬依存の状態になってしまう患者さんが数多くみられるようです。

   

 しかし、これでは根本原因が掴めてないで、薬で無理やり寝ている状態ですから、改善されず、いつまでも
 同じような状況が続いてしまう危険性があります。


   
 不眠症の原因の一つとして、医学的に実証されている「首の故障」があります。

  

 首には多くの神経が集中してます。首に何らかの障害が起きると自律神経を圧迫して自律神経のバランスを崩し、結果、自律神経失調症を発症し、不眠症に繋がっていきますので、この原因を疑ってみる事も大切です。


   首を正しく治すことによる自律神経失調症の治療法が「金本博明の自律神経失調症パニック障害克服プログラム」です。


   薬等は一切使わず、短期間で改善していきます。既に3000人以上の方が完治されています。

 
   いつまでも改善され無い自律神経失調症やパニック生涯に苦しんでおられるのであれば、是非取り組んでみては如何でしょう。





nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。