So-net無料ブログ作成

その病気の診断は本当に正しいのでしょうか? [金本博明の自律神経失調症・パニック障害克服プログ]

病気や体の不調には、一見その症状や部位からは予想もしないような原因があったりするものも多いですね。
 
 自分の感覚で不調だと感じることの出来る症状だけでは、自分自身だけでは勿論、お医者さんでも特に専門外でありますと判断が困難だったり、診断を誤ってしまったりすることがあります。


 例えば私の友人の体験でこんな話がありました。


 彼は ある日、急に頭痛がし始めて日に日に痛みが増していくので不安になり,とりあえず内科で診療を受けに行ったのですが 一通り問診などを受けた後も異常は発見できず、一応脳の異常による頭痛という事も気になったので、念のためCTスキャンを受けたましたが特に異常も無いということで、その日は薬を処方してもらってその後数日間服用していたという事です。


しかし、彼の頭痛はその後も一向に良くならないため、だんだんとその頭痛に対する不安も増して行きました。


やはりこれは他に原因があるのでは?


  そう思い、以前より狭心症の治療で通院していた循環器の担当医に相談してみた所、先生に「それは狭心症の症状ですね。」と言われたそうなのです。


 彼は頭痛と狭心症が結びつかず半信半疑の状態で帰宅し、それから数日間、処方された薬を服用していたところ、なんとみるみる内に症状が改善され、それからは嘘のように頭痛から開放されたということです。


 これはほんの一例ですが、薬等を処方されて服用を続けていても一向に症状が改善されない場合などは、自分の健康保持のためにも念のため別の原因を探ってみる必要性があると言えるでしょう。


  例えば自律神経失調症ですと様々な症状が現れますが、大半は内科的症状が多いのでほとんどの方が内科で診察を受けています。


 そこで、自律神経失調症と診断され薬を処方されますが、その中でも一向に改善されず長い間苦しんでおられる方がたくさんいらっしゃると聞いております。


  また、次に心療内科での診察を受ける方も多いのですが、長く通っていても一向に症状が改善しないとお悩みのいう方も多くいらっしゃると聞きます。


 このような場合、前述の友人のように、思わぬ別の原因がある可能性があります。


 その原因として昨今クローズアップされている1つが「首の歪み」です。この原因は医学的にも実証され、治療することにより、自律神経失調症の様々な症状が改善されたというデーターも数多く出されているそうです。


 この「首の歪み」を治すことによって自律神経失調症を改善していく治療法が  「金本博明の自律神経失調症パニック障害改善プログラム」です。

 貴方の症状が飛躍的に改善され長い間の苦しみから解放されるかもしれません。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。